● 最新の省エネルギー性能

住宅に関する法律はたびたび改正されるため、求められる性能は年々高くなっています。その性能を満たすため、私たちは住設メーカーの展示会や国交省の指導のセミナーに参加し、絶えず家づくりを研究しています。

どんなに最新の技術や製品であっても、やはり、デザイン性やコストパフォーマンス、に優れていてなおかつ、安全でなければならないからです。

弊社の住宅に関しては、昨年2015年よりZEH{ゼッチ}(ゼロエネルギーハウス)基準が標準化されました。

認定低炭素や長期優良も申請をお勧めしています。

最新の断熱性能は省エネルギー効果を高め、耐震強度は自然災害からの被害を最小限にとどめます。お客様の家族や資産を守るため、最新の技術をいつも取り入れています。

● 資金計画からのお手伝い

新築住宅であれ、リフォームであれ、店舗出店であっても、まずは、ご予算の計画から始まります。

「どのくらいの相場なのかわからない」、「住宅ローンはどのくらい借りれるの?」、「出店するのにどのくらいかかる?手元の資金はどのくらい必要?」、「金融機関の紹介は?」。全てお任せください。

土地探しから、金融機関のご紹介、ご出店の際であれば、事業計画書の作成もお手伝いさせていただきます。同時に工事計画も作成できますので、お借り入れから工事までが非常にスムーズにすすみます。
是非ご相談ください。

● ハウスメーカー施工業者

私たちインテリア・モロのスタッフ、職人たちはハウスメーカーの施工も手がけています。

各メーカーとも1日単位で決められた工期と厳格なマニュアルに基づき厳しい検査が行われていきます。そんな厳しい作業環境に鍛えられ、限られた工期の中で安全に、正確に、丁寧に、工事を段取り施工するノウハウを身につけています。

もちろん私たちにも自社検査があり、設計・プランニングからお引渡しまで、またその後のアフターメンテナンスに至るまで当社の品質を維持できるよう努めています。

● アットホームなスタッフたち

わたしたちは「工務店」としてだけではなく「それぞれの家族の一員」として、家族と安心して暮らすために何ができるだろうといつも考えてきました。そして、家族が気兼ねなく自由に意見を言い合えること、そこに答えを見つけました。

つまり、「ここに机を置きたい」「プール作って」「押し入れをクローゼットにしたい」そんな自由な意見や発想がその家に住む家族とってその住まいを理想のものにしていくことに気づいたのです。

その環境は職場にも生かされています。
どんなプロジェクトでもみんなで意見を出し合いお客様にとっての「理想」に少しでも近づけるよう無限大の発想で取り組んでいます。
お客様にも気兼ねなく好き嫌いや予算を言ってもらえる、そんな雰囲気づくりを努めています。

● 追加料金の心配なし

「結局の請求金額は、他と同じだった」 そんな声をよく聞きます。最初の見積もりは安く出されて決めたのに、何だかんだ追加工事で結局予算オーバーなんて事もあるようです。

インテリア・モロのお見積もり価格はそんな追加料金の発生は一切心配ありません。

万が一、どうしても工事内容に付随する追加工事が発生した場合、それはインテリア・モロで負担します。

工事の契約書はお見積もり内容をもとにしたものですので、お見積もり価格をお客様との厳格なお約束と考えるからです。

しかし、追加工事を一切受け付けないわけではありません。「やっぱり、ああしたい、こうしたい」という変更や追加はその都度出るものですし、工事をする私たちにとっても理想の住まいに住んで欲しいという思いもあります。

このような場合は、原則書面で追加工事のお見積書を提示し承諾のサイン(または契約書)を頂いてから行います。
また、追加工事が必要になるおそれがあらかじめ予想される場合はお見積書に別途記載しています。

● 環境に良い材料選び

フォースター「F☆☆☆☆」製品はもちろんのこと、構造に使う木材も国産材をお勧めしています。とりわけ土佐材は、全国一位の森林県である高知県で伐採された安心・安全の無垢材です。

ご希望される方は高知県への産地見学ツアーもあります。

ご自分の家の一部となる木がどのように森から運び込まれるのかを、是非、現地でご覧ください。

● 各種保険の充実

住宅保証機構株式会社による「住宅瑕疵担保責任保険(まもりすまい保険)」と「住宅リフォーム橿丹保責任保険(まもりすまいリフォーム保険)」、ジャパンホームシールド株式会社による「地盤品質保証」といった保険によりお客様の大切な建物を長くサポートできるよう取り組んでいます。

さらには、「第三者賠償責任保険」等の各種工事保険の充実により、工事中に万が一のバックアップ体制を整え、お客様の信頼を得ることを意識しています。