インテリア・モロの国産材を使った安心で丈夫な家、そして自由設計

img_shinchiku02国産材を使った安心で丈夫な家、そして自由設計です。設計の段階からお見積り、工事、引渡しまで丁寧にわかりやすい説明でお施主様の不安を解消します。また、十分なヒアリングを通してライフスタイルに合わせた家づくりを提案します。

ホルムアルデヒドに代表されるハウスシックの原因となる材料の多くはべニヤ板や集成材として知られる人工の柱に使われる接着剤、防腐剤のなかに多く存在します。改良がなされているとはいえ、極力そうした部材を使わないのであればそれにこしたことはありません。

確かに人工材は寸法に狂いがなく、強度計算の加工のしやすさという点で重宝されてきました。
しかし、それ以上にリスクが見え隠れするのであれば、半信半疑のままお施主様に引き渡すことはできません。それに対して、昔ながらの無垢材はそうした防腐剤や接着剤を一切使用していませんので、柱・梁・桁等構造部に使用することにより「安心な家」づくりを心がけています。また、無垢材はふんだんに魅せる、表し工法にした場合、非常に意匠性が高いことも利点のひとつです。

国産材として土佐材をオススメしています。

img_shinchiku06当社では強度・意匠性・コストパフォーマンスの3つの分野に特に優れた国産材として土佐材をおすすめしています。

県土に占める森林の割合が全国1位という高知県の木材は時代を超えて国内の大規模木造建築に利用されてきました。また、県をあげて木材の研究にも力をいれています。

木材の乾燥・製材に関する最先端の技術も導入し、「JAS材認定」も受けていますので、特に集成材に強度で引けを取るということもありません。ですから、土佐の無垢材を利用した家づくりはとっても「丈夫な家」づくりということができるのです。

土佐材を使った住宅をご契約の方には、高知県への産地見学ツアーのご招待もしています。実際にご自分の家に使われる材料が育った山を見ることができますので、是非ご検討ください。

現場マナーを徹底しております。

工事中は多岐にわたる自主検査項目によりお施主様に分からない、見えない部分に至るまで丁寧に施工しています。

さらに、近隣住宅の方々への挨拶・現場周りの清掃、現場での服装や会話等現場マナーを徹底しております。

img_shinchiku04

hinoki
1800

お気軽にお問い合わせください。0436-77-0528受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]

お問い合わせはこちらお気軽にお問い合わせください。